ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛すると顔にアザが!?危険な影響5つ

ヒゲ脱毛をブラジリアンワックスを使って行う方法がありますが、
場合によっては、流血してアザができるなど取り返しのつかないことになるんです。

ブラジリアンワックスといったら、鼻毛やスネ毛を一気に抜くことができることで有名ですよね。

「もしかしたら、ヒゲ脱毛にも使えるのでは?」

と思われるかも知れませんが、
実はその行為、お手軽そうに見えて非常に危険な行為なんです。

 

本記事では、ワックス脱毛がオススメできない理由や
安全に脱毛する方法をご紹介していきます!

一生の傷を負って後悔する前に、正しい方法でヒゲ脱毛をするべきです。
前置きはこれくらいにして、さっそく詳細をみていきましょう。

ワックス脱毛がやってはいけない5つの理由

1、すぐ生えてくる

効果が期待できるのは、3〜4日の間ぐらいだと考えてください。

永久脱毛している訳ではないので、1週間もあればしっかり生えてきますよ。

もし、ブラジリアンワックス脱毛がしたいのであれば、1週間置きにする必要がでてきますね。

2、流血してアザになる

鼻毛やスネ毛とは訳が違います。

顔の皮膚は、他の部分に比べて非常にデリケートな部分になります。

ワックスで一気に引き抜くことをしたら、毛穴から流血する可能性も…

最悪の場合、毛を抜いた衝撃で内出血を起こしアザになるんですよ。

3、ニキビのような赤い腫れ

ヒゲを強制的にひき抜いた場合、毛穴が開きっぱなしの状態になります。

開いた毛穴内部に、細菌が入り込み膿や炎症を発生し、
ニキビのようになってしまいます。

最初は、お金が安く済むと思うかもしれませんが、
炎症などを起こし治療代が高くなることもありますよ。

4、埋没毛になりやすくなる

埋没毛とは、皮膚の中で毛が伸びてしまう症状のことです。

毛を抜いた衝撃で、皮膚が毛穴の上にかさぶたを作ってしまうことがあります。
そのため、皮膚の内側に毛が閉じ込められてしまいます。

皮膚に透けて黒くみえ、見た目も悪いです。
悪化するとかゆみや炎症になることも…

5、激痛を伴う

ワックス脱毛で伴う痛みは、瞬間的な痛みの他にも様々。

・ブラジリアンワックスで抜く際の激痛
・残った毛を毛抜きで地味な痛み
・生えかけの毛のかゆみ
・炎症など継続的な痛み

ワックスで抜く際はもちろん激痛がですが、
その後の方がより大変なことになります。

ワックスで抜いても、綺麗に取れず中途半端に残る事もあるんです。
そんな時は、毛抜きで抜かないといけないので、
面倒な上に、追加で痛さと格闘することになりますよ。

こちらは、ブラジリアンワックスでヒゲ脱毛している実際の動画です。

安全かつ効果のでるヒゲ脱毛の方法!

ワックス脱毛の危険性や痛みが凄いことが分かったでしょうか?

そこで、ワックス脱毛より痛みが少なくて、安全なヒゲ脱毛の方法をご紹介していきます。

エステ脱毛

痛みもそれほどなく、比較的低価格で脱毛することができます!
永久脱毛ではなく、一時的な減毛効果が期待できるものになるため、終わりはないです。

施術方法としては、美容用の光脱毛器を使用し、毛根は破壊せずに一時的な減毛をしていきますよ。

ニードル脱毛

非常に痛く、一番高額の脱毛方法になります。

5〜8回の通院で永久の脱毛効果が期待できますよ。

施術方法としては、毛穴1本1本に専用の針を刺して、電流を流すことで毛を生やす元を断ちます。

1本ずつ処理してくれるので、脱毛箇所を細かく指定することができ、レーザー脱毛より精密で確実に脱毛できる点が大きいメリットです。

そのため、デザイン髭も思い通りにスタイリングできます。

ただしデメリットは1本ごとに、「強めの刺されような痛み」を味わうことにはなるのですが…

医療レーザー脱毛

ニードル脱毛より安く脱毛することが可能です。

ちなみに、僕が一番おすすめしているのはこれ。

毛がそこまで濃くない人であればこちらも5〜8回の通院で永久脱毛な脱毛効果が期待できますよ。

施術方法としては、医療機器によるレーザーを使用して、毛根を破壊して毛を生やす元を断ちます。

短期間で効果的な施術ができるので、永久脱毛したいと考えてる方に
一番オススメできる施術方法になります!

施術中は、「カッターナイフで刺される痛み」を味わうことになるので、
覚悟を決めていきましょう。

まとめ

本記事では、ワックス脱毛が危険な5つの理由をご紹介しました。

・1週間程度ですぐ生えるので、効果はあまりない
・毛穴から流血の可能性。ひどい場合は内出血を起こしアザに
・細菌が入り込み、ニキビのようになることも
・埋没毛になり、毛が透けて黒く見える
・瞬間的な痛みから継続的な痛み、かゆみを味わうことに

ブラジリアンワックスでのヒゲ脱毛は、
皮膚に大きなダメージを与えるので、間違えてもやらないように。

本気でヒゲ脱毛したいのなら、
医療レーザー脱毛やニードル脱毛など施術できるクリニック

少し痛みを抑えてお試し程度に脱毛をするならサロンを利用しましょう。

痛みに弱いのであれば、家庭用脱毛器、抑毛ローションなどの処理方法がオススメですよ。

テスト